WAKUI MUSEUM

伝説の名車を所有して守る、
誇りと喜びを

20世紀を彩った憧れの名車Rolls-RoyceとBentleyを中心に、オーナーとなる喜びをお届けします。
エンジンの時代から電気の時代へと移行する中で、私たちは20世紀の名車はそのデザイン、エンジニアリングともに機械遺産、文化遺産であるとの認識でクラシックカーの販売、レストアビジネスを展開しています。 世界でも有数の品ぞろえを誇る当社にぜひお越しください。

 NEWS & TOPICS

イベント情報

「ベントレー100周年記念ツーリングイベント」(6月24日~25日)

2019年は英国の名門高級車メーカー、ベントレーにとって記念すべき創業100周年。英本国はもちろん、世界中のベントレー愛好家が祝賀イベントを展開している中、日本においてもこの6月下旬に、ベントレー・モーターズ・ジャパンによるオフィシャルイベントとして、関東地方を舞台とするツーリング大会が開催されました。

東京のスタート会場に選ばれたのは、いかにも日本らしい美しさを湛える明治神宮。イベント初日はあいにくの雨に見舞われましたが、そんな荒天もものともせず、オープンボディを持つ創成期モデル、「W.O.」時代のベントレーが5台も集まりました。

また、1950年代の「Rタイプ」や60年代の「S2コンチネンタル」などの戦後型クラシック。あるいは1990年代の「コンチネンタルR」や「アズール」などのヤングタイマー・クラシック。さらにオフィシャルカーとして参加した「コンチネンタルGTコンバーチブル(日本未発売)」をはじめとする最新モデルに至る約20台の新旧ベントレーが、まるで特設のベントレー・ミュージアムのごとく集結。雨のそぼ降る明治神宮から、原宿・表参道へとスタートしてゆきました。

約70kmのドライブののち、まずは私たちの「ワクイミュージアム」にて地元加須の名物、うどんによるランチ休憩となりました。ここでミュージアム見学も楽しんだのちに再スタートし、この日は軽井沢の瀟洒なリゾートホテルで一泊。また、今年ベントレーが100周年に向けて全世界で規定している「センテナリー・ディナー」のメニューに従った素晴らしい夕食が、エントラントたちに振舞われることになりました。

そして翌25日は、前日の雨から一転、陽光が心地よい初夏の一日でした。この日のクラシック・ベントレーの一団は浅間山麓に向かったのち、再びのどかなカントリーロードをツーリング。ひなびた雰囲気が素敵な群馬の温泉旅館にてランチを楽しんだのち、イベントはフィナーレ。解散となりました。

今回の「ベントレー100周年記念ツーリング」では、一台のリタイアもなく、全車と全参加者が最後まで愛車とのツーリングを満喫。ベントレーの100周年を最高のかたちで祝うことができたのです。

Zoom Image 下の画像をクリックして拡大写真をご覧ください

Photo Report

Photo Report

Photo Report

Photo Report

Photo Report

Photo Report

Photo Report

Photo Report

 

MUSEUM

 

伝説の名車、希少車のコレクションを展示するミュージアム

「ミュージアム」の展示車はワクイミュージアム全体を象徴する存在です。
歴代の希少車、名車をすべて動態保存し機会あるごとに走らせています。
シルバーゴースト、12気筒レイス、世界最古のヴィンテージ・ベントレー、R-Type Continentalなどアートの名品にも匹敵する価値のある車、歴史的な意義のあるクルマたちが揃っています。展示を継続させるという条件で、所有のご相談も承ります。

 

 W.O.ベントレーとベントレーボーイズ

 

開祖 W.O.ベントレーが自ら手掛けた創世期のベントレー。そのスポーツ精神に溢れる魅力を、ベントレーボーイズの足跡と合わせてお見せいたします。

 The Best Car in the World

 

自動車史上初の「名車」ロールス・ロイス・シルヴァーゴースト。このほど、R-Rファンの間で敬愛される第一次大戦前のモデルが加入。
当館の人気者「アーチャー」およびアメリカ生産モデルと合わせて3台が勢ぞろいです。

 「世界最高級」の代名詞

 

世界最高級車の礎を築いた第二次世界大戦前の歴代 R-Rファントムを一堂に展示します。

 

HERITAGE
Cars For Sale

 

20世紀初頭のヴィンテージから2000年代まで、50台以上の在庫車を展示・販売するヘリテージ

歴代のRoll s-RoyceとBentleyが勢揃いして新たなオーナーをお待ちしています。
ショールームとは呼ばずヘリテージと名付けたのは、庫車すべてが文化財として受け継がれてゆく価値ある車という認識からです。
新たなオーナーの手に渡るとき、クルマは私たちの手でさらに整備され、美しく、元気よく走り出します。
Rolls-RoyceやBentleyは乗る人すべてを豊かな気持ちにします。ぜひご体験ください。

 ヘリテージからお勧めの逸品

 

FACTORY

 

最高の車には最高の整備を。
レストアとメンテナンスの技術が
ワクイミュージアムの誇りです

名車は存分に走って楽しんでこそ価値あるもの。匠の技を持つベテランメカニックがあなたの車を守ります。
通常の修理・修復、メンテナンス以外に、シルバーシャドウ/Tシリーズ、シルバークラウド/Sタイプなどを完全分解して手を入れ、好きな内外装カラーで新車状態に戻す「ビスポーク」と名付けたメニューもお客様の目の前で作業されています。
精鋭の作業をぜひご自由にご覧ください。

 

 
 

SPECIALS

 

 BESPOKE

 

「ビスポーク」と名づけた再生新車クオリティのクラシックカーたち

SILVER SHADOWの復活プロジェクト

車を新品状態まで戻すレストア事業「ビスポーク」の象徴的な車種として、当社ではシルバー・シャドウを特別に扱っています。
1966年にメカニズムを一気に近代化し、それまで創業以来60年間に製造販売したRolls-Royce車の総数をこの一車種で大きく上回ったヒット車種です。

 

 

 La Sarthe 限定車販売

 

ベントレーボーイズとサルト・サーキットの残像

この車はイギリスからの新車入庫です。私たちの関わったプロジェクトではありませんが、尊敬できる仕事の意ひとつとして評価して私たちがセールスを推進するクルマです。限定24台生産の第一号車を当社は販売いたします。

 

 

 

PAGE TOP

 

無断で記事・写真の転載を禁じます
Copyright ©  WAKUI MUSEUM All Rights Reserved.