1997 Jaguar XK8 Convertible

1997 Jaguar XK8 Convertible

Sales Price:お問い合わせ下さい

Zoom Image 画像をクリックして拡大写真をご覧ください

  • 1997 Jaguar XK8 Convertible
  • 1997 Jaguar XK8 Convertible
  • 1997 Jaguar XK8 Convertible
  • 1997 Jaguar XK8 Convertible
  • 1997 Jaguar XK8 Convertible
  • 1997 Jaguar XK8 Convertible
  • 1997 Jaguar XK8 Convertible
  • 1997 Jaguar XK8 Convertible
  • 1997 Jaguar XK8 Convertible
  • 1997 Jaguar XK8 Convertible
  • 1997 Jaguar XK8 Convertible
  • 1997 Jaguar XK8 Convertible
  • 1997 Jaguar XK8 Convertible
  • 1997 Jaguar XK8 Convertible

1997 Jaguar XK8 Convertible   Information

ヤングタイマーの筆頭 XK8 コンバーチブル

 年式1997
 メーカー Jaguar
 モデル XK8
 ボディータイプ Convertible / Right Hand Drive
 コーチビルダー
 ボディーカラー Red
 内装 Tan Leather
 付加情報 
 

ワクイミュージアム・ヘリテージに、ヤングタイマー・クラシック世代を代表するジャガー「XK8」、しかも国内では比較的レアなコンバーチブルが入庫いたしました。

1975年のデビュー以来、実に21年が経過していたXJSに代わり、1996年10月に登場したのが、4リッターの新型V8エンジンを搭載した新世代のジャガー・スポーツたるXK8。そのボディスタイルには、往年の名車Eタイプの影響がありありと見て取れます。

当時、親会社の立場にあった米フォードの意向を受けて、レトロ調のスタイリングを推し進めていたジャガーのデザイン哲学に従ったものとされていますが、最重要マーケットである北米を中心に、そのエレガントな美しさが高い評価を受けることになりました。

シャシーは、2590mmのホイールベースが示すとおり、XJSのそれをキャリーオーバーしたもの。したがってサスペンションは前ダブルウィッシュボーン/後ウイッシュボーンという、もとをただせば1968年デビューの初代XJ6から連綿と使用されてきた様式が採用されています。ただしXJSまではリアのダンパーがツイン式だったのが、XK8ではシングルに改められるなど、時代に即した大幅な改良も加えられていました。

一方、完全新設計のV8・4カムシャフト32バルブエンジンは、1983年の発表以後、13年にも亘ってジャガーの主力エンジンとして君臨したAJ6/AJ16型直列6気筒ユニット、および伝統のV12ユニットを統合して継承するかたちとなりました。また、旧き良きXKエンジンは「XK120」。V12は「EタイプSr.3」。そしてAJ6は「XJ-S 3.6」とともにデビューしたように、このV8ユニットも先ずは生産台数の少ないスポーツカーで市場の反応を確かめた上で、本流のサルーン(この場合ではX308系XJ8)に搭載したという歴史を踏まえて考えれば、ジャガーの伝統に則ったエンジンとも言えるでしょう。

総排気量は3996ccで、最高出力は294ps。1999年2月に追加されたスーパーチャージャー版では375psを発生。1980-90年代のジャガーの象徴ともいうべき「Jゲート」を持つ独ZF社製の5速ATと組み合わされていました。

2002年に排気量アップなどのマイナーチェンジを受けたのち、2006年に生産を終えるまでの10年間で、21年間も作られたXJSの11万5000台に次ぐ9万台以上を生産。ジャガーのスポーツモデル史上最も成功したモデルとなったXK8は、現時点では比較的リーズナブルな価格で流通しているものの、これから価値が上がると目されるヤングタイマーの筆頭とも言われています。

入庫の機会は極めて限られるXK8コンバーチブルを、じっくり検分することのできる絶好の好機。是非ともワクイミュージアム・ヘリテージまで、足をお運びいただきたいと存じます。


 

PAGE TOP

 

無断で記事・写真の転載を禁じます
Copyright ©  WAKUI MUSEUM All Rights Reserved.