1995 Bentley Continental R

1995 Bentley Continental R

Sales Price ASK(応談)

Zoom Image画像をクリックして拡大写真をご覧ください
 
  • 1995 Bentley Continental R
  • 1995 Bentley Continental R
  • 1995 Bentley Continental R
  • 1995 Bentley Continental R
  • 1995 Bentley Continental R
  • 1995 Bentley Continental R
  • 1995 Bentley Continental R
  • 1995 Bentley Continental R
  • 1995 Bentley Continental R
  • 1995 Bentley Continental R
  • 1995 Bentley Continental R
  • 1995 Bentley Continental R
  • 1995 Bentley Continental R
  • 1995 Bentley Continental R
  • 1995 Bentley Continental R

1995 Bentley Continental R  Information

 年式 1995
 メーカー Bentley
 モデル Continental R
 ボディータイプ Two Door Coupe (Left Hand Drive)
 コーチビルダー
 ボディーカラー White
 内装 Tan Leather
    
 付加情報

このほどワク井ミュージアム・ヘリテージに、前世紀末に製作されたヤングタイマー・ベントレーの傑作、コンチネンタルRが入庫いたしました。

1991年3月のジュネーヴ・ショーにおいて、92年モデルとしてデビューした「コンチネンタルR」は、「S3コンチネンタル」以来久々のベントレー専売モデル。そのネーミングが示唆しているとおり、1952年から製作され、R-R傘下のベントレー最高傑作と称されることになった名車「Rタイプ・コンチネンタル」の精神を、1990年代当時の最新テクノロジーで再現した超高級パーソナルカーでした。

「ネパール」という社内コードネームとともに開発されたこのモデルは、ベントレーの90年代を代表すべき最高のスポーツクーペとして企画。ターボRのプラットフォームを流用した流麗極まるボディのデザインは、アストンマーティン「ヴィラージュ」でその実力を認められた新進気鋭のスタイリスト、ジョン・ヘファーナンと、同じく英国出身の若手ケン・グリーンレイが共同で手掛け、1985年のジュネーヴ・ショーに参考出品されたコンセプトカー「プロジェクト90」をベースとしたもの。このデザイン習作をたたき台にして、R-R社内のデザイン部門所属のスタイリスト、グレアム・ハルとの協力で完成に導いたと言われています。

一方パワーユニットは、V8OHV・6747ccユニットにギャレット・エアリサーチ社製TO4B型ターボチャージャーを装着。トランスミッションは、このコンチネンタルRで初採用されたGM700型4速ATが組み合わされ、セレクターもスポーツモデルに相応しく、ベントレーのAT車としては初めてフロアに置かれることになりました。

こうして誕生したコンチネンタルRは、ターボRなどのサルーンを遥かに上回るプライス(日本では3950万円)がつけられましたが、R-R社首脳陣の予想を上回る成功を博し、2002年頃までに1533台が生産されることになります。そして、R-Rと袂を分けた21世紀の現在にまで至るベントレー独自のキャラクターを、いま一度世界に印象づける功労者ともなったのです。

今回ご紹介するコンチネンタルRは、1995年に新車並行で日本に上陸したLHD仕様車。エレガントなホワイトのエクステリア、上品な「Tan」のインテリアともに、約四半世紀前に生産された車両であること。あるいは、約4万5000kmというマイレージも感じさせないコンディションを誇る一台と自負しております。

今や、ネオ・クラシックカーとしての価値も不動のものとしつつある名作の真価を、ベントレーのオーソリティ、ワク井ミュージアム・ヘリテージにてご確認くださいませ。


contact


PAGE TOP


 

Go page top