1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward

1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward

Sales Price:お問い合わせ下さい

Zoom Image 画像をクリックして拡大写真をご覧ください

  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward
  • 1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward

 

1966 Rolls-Royce Silver Cloud III Flying Spur by H.J.Hulliner ParK Ward   Information

 年式1966
 メーカー Rolls-Royce
 モデル Silver Cloud III Flying Spur
 ボディータイプ Saloon
 コーチビルダー H.J.Mulliner Park Ward
 ボディーカラー Peacock Blue Metallic
 内装 Tan leather
 エンジン 6.23L / V8 twin-turbo
 全長 5,320mm
 全幅 1,730mm
 全高 1,570mm
 車両重量 2,040kg - 2,315kg
 付加情報 
 

要約:シルバークラウドIIIをベースとして、特製の4ドア・サルーン・ボディをあつらえた別格のモデル。英国のクラフツマンシップの象徴であったコーチビルダーの最終期の華でもある。エンジンはシルバークラウドII以来のロールス・ロイス自製V型8気筒だが、圧縮比を上げて出力を7%高めている。ステアリングにはパワーアシストがついて、操作が軽く行えるようになった。

英国の自動車クラブの長老が会報に書いていた。「最近のミーティングに集まる人達の姿を見ると嘆かわしい。昔の風景とはすっかり変わってしまった。中でも、最近のあの被り物は何なのだ。わしが車を楽しんでいた頃には、ベースボールキャップ(野球帽)などというものはなかったものだ!」

その長老が現役の頃に被っていたのはハンティングキャップ、日本では鳥打帽という帽子だったのだろう。確かに大正時代(1920年代)の日本で行われていた自動車レースの写真を見ると、見物人たちは当時はやっていたカンカン帽を被っていたし、ドライバーたちは鳥打帽である。それも鳥打帽を前後逆に被るのが、最先端のやり方であった。その頃日本各地に複葉機を持ち込んで、曲芸飛行を見せて大人気となっていたアート・スミスが、鳥打帽を前後逆に被っていたのがはやりの元だったのである。まだ少年だった本田宗一郎もアート・スミスの飛行を見に行って、大いに感激したらしい。家に帰ってからは鳥打帽を逆さに被って自転車に乗ったものだ、と自伝に記している。

野球帽に目をそむけた長老程ではなくても、英国人は昔と変わらぬ風景、習慣を大切にする。しかるべき資産のある人が家を持つ時、新築するのではなく、できるだけ古い建物を探すということも、よく知られていよう。それも古ければ古いほど良い。今度300年前の農家を手に入れましてね、などというと、ほぅ、それはよろしいですねえ、と共感するのが英国式というわけだ。新しく作られたものには歴史がない、一方で古い建物には積み重ねられてきた歴史があって、そこに魅力と価値を見出すのである。

そうした人々は1960年代にコーチビルダーが姿を消していった時に、さぞ寂しさを味わったことだろう。戦前の高級車というものは、ボディをオーダーメードとするものであったからだ。ロールス・ロイスとベントレーをその代表として、自動車メーカーはシャシーの状態で工場から送りだし、ボディは架装専門のコーチビルダーが手がけるもの、というのが常識であった。別の見方をするなら、価格の安い小型車などはボディ付きで売られていたのに対して、高級車の方は標準型ボディそのものが存在しなかった、ということになろう。従って、完成した高級車の価格は極めて高いものになった。ある財閥が戦前の英国で高級車を特注したことがある。むろん、ボディはコーチビルダーに細かな注文をしながらオーダーしたのである。その結果、価格は思っていたよりずいぶん高いものになったと、その方は後に語っている。

ロンドンにあったH.J.マリナーとパークウォードの2社は、戦後次第に姿を消していったコーチビルダーの中にあって、最後までその火を守り続けた会社であった。彼らはロールス・ロイス社の草創期から互いに近い関係にあったから、そのボディ架装を多く手がけていた。そうした自動車メーカーとコーチビルダーの関係が変化してきたのは、戦後すぐにベントレー・マークVIとロールス・ロイス・シルバードーンが登場した時からである。その2車種にはスタンダード・スチール・サルーンと呼ぶ標準型のボディが用意され、ロールス・ロイス社がボディ付きの完成車として売るようになったのだ。

そのシルバードーンとマークVIの後継車であるロールス・ロイス・シルバークラウドとベントレーSシリーズは、まだ昔どおりのシャシーを構造の主体としていたから、コーチビルダーたちはその腕を振るうことができた。従ってその2車種には、H.J.マリナーとパークウォードを始めとして、フーパーやジェイムズヤングなどのコーチビルダーが架装した特製ボディが見られる。

1960年代の始めには、そのH.J.マリナーとパークウォードはロールス・ロイスに買収されて、そのボディ部門となっている。ここで紹介する1966年製のロールス・ロイス・シルバークラウドIIIフライングスパーは、ロンドンにあったH.J.マリナー/パークウォードの工場(それがクルーへ移転して姿を消すのは会社のオーナーが変った1991年のことだ)で作られた特製ボディの4ドア・サルーンである。その時代、まだ標準型ボディではない独自のものを求める人がいたのだろう。クラシックなデザインの標準型ボディよりモダーンな、リアデッキの高いスタイルを持った4ドアボディを構築している。価格は当然、標準型ボディよりはるかに高価であったはずだ。戦前に日本の財閥が注文した高級車程ではなかったかもしれないが、そうしたオーダーメードの習慣が身に付いていて、それにふさわしい資産を背景とした層がまだ存在していたのである。

ベースとなったシルバークラウドIIIは自製のV型8気筒6.2リッターをクラウドIIから受け継いでいるが、圧縮比を8から9に高めたことで、7%の出力向上を果たしている。その一方で、SUキャブレターの径を変更して、燃費を向上させているという。ブレーキは旧来の4輪ドラムだが、イスパノ・スイザ式のメカニカルサーボを備えている。ステアリングはロックからロックまで4回転以上するが、パワーアシストがついて操作がこれまでよりはるかに軽く行えるようになった。

 クラウドIIIはシャシー付きの最後のモデル、そのスペシャル・コーチワーク・ボディつきなら、件の長老も「これは昔からの伝統どおりのものだ」と納得するのではないか。


 

PAGE TOP

 

無断で記事・写真の転載を禁じます
Copyright ©  WAKUI MUSEUM All Rights Reserved.