1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC

1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC

ご成約済み

Zoom Image 画像をクリックして拡大写真をご覧ください

  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC
  • 1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC

1964 Rolls-Royce Silver Cloud III DHC   Information

 年式1964
 メーカーRolls-Royce
 モデルSilver Cloud III、右ハンドル
 コーチビルダー H.J.Malliner, Park Ward
 ボディータイプ Drop-Head Coupe
 ボディーカラー
 内装タン革
 
 付加情報 
 

ワクイミュージアムのコレクションに、世界的にも希少なロールス・ロイス・シルヴァークラウドⅢマリナー・パークウォード製ドロップヘッド・クーペ、通称「チャイニーズ・アイ」が加わりました。

この車両のボディは、当時ロールス・ロイスの傘下にあったベントレーの象徴的モデル「S3コンチネンタル」と共通のもの。もともとはその以前の「S2コンチネンタル」時代から製作されていたパークウォード製の2ドア・ドロップヘッド・クーペがオリジンです。

H.J.マリナーと並ぶ名門、パークウォード製の手で創造されたS2コンチネンタルのモダーンかつスタイリッシュなボディは、ノーズ先端からテールエンドまで一直線に伸びるショルダーラインから「ストレート・スルー」のニックネームが授けられていました。

R-R傘下のパークウォードに属していたノルウェー人デザイナー、ヴィルヘルム・コーレン(Vilhelm Koren)が描いたと言われるこのデザインは、ジョヴァンニ・ミケロッティやカルロ・フェリーチェ・ビアンキ・アンデルローニ(トゥーリング・スーペルレッジェーラ当主)など、イタリアのカロッツェリアを支えていた一流スタイリストたちの作品に影響を受けたと目されています。

そして、ベントレーS2がS3に進化したのと時を同じくして、1962年にデビューした「S3コンチネンタル」時代には、これも当時のイタリア車のごとく内2灯のハイビームを低め、外2灯のロービームを高めにセットされた4灯式ヘッドライトが与えられ、有名な「チャイニーズ・アイ」の愛称で呼ばれることになるのです。

一方S3コンチネンタルのデビューから遡ること一年前の1961年には、パークウォード社とH.J.マリナー社がロールス・ロイス社の傘下のもとで合併。新たに「マリナー・パークウォード」と名乗ることになった新会社は、特に贅沢なカスタマーのリクエストに応えて、ベントレーS3の姉妹車であるR-RシルヴァークラウドⅢでも「コンチネンタル」と同様にスポーティなボディを、ごく少数ながら架装することになりました。

つまり、このシルヴァークラウドⅢマリナー・パークウォード製「チャイニーズ・アイ」ドロップヘッド・クーペは、その成果として誕生した歴史的な一台なのです。


 

PAGE TOP

 

無断で記事・写真の転載を禁じます
Copyright ©  WAKUI MUSEUM All Rights Reserved.