1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル

1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル

Sales Price:お問い合わせ下さい

Zoom Image 画像をクリックして拡大写真をご覧ください

  • 1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル
  • 1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル
  • 1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル
  • 1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル
  • 1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル
  • 1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル
  • 1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル
  • 1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル
  • 1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル
  • 1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル
  • 1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル
  • 1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル
  • 1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル
  • 1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル

1954 AC Aceca Bristol | 1954 ACアシーカ・ブリストル   Information

イベント出場をお考えの方にオススメな1台

 年式1954
 メーカー AC
 モデル Aceca Bristol
 コーチビルダー
 ボディータイプ Coupe(Right Hand Drive)
 ボディーカラー Olive Green
 内装 Gray Leather
 付加情報 
 

ワクイミュージアム・ヘリテージに、この上なく希少で美しいブリティッシュ・クラシックスポーツカー「ACアシーカ・ブリストル」が入庫いたしました。

ACアシーカは、かの「ACコブラ」のオリジンとしても知られるとともに、1950年代後半から60年代初頭の英国における、最も魅力的なミドル級スポーツカーとも称される「ACエース」のフィクスドヘッド(クローズド)クーペモデルです。

名作ACエースの起源は、ポルトガル出身のエンジニア、ジョン・トジェイロが友人であるアマチュアレーサーの依頼で一品製作した、2座席レーシング・ロードスターでした。トジェイロは、第二次大戦直後からワンオフないしは少数製作のレーシングスポーツを手掛けていましたが、彼の設計した鋼管スペースフレームは極めて優秀なものとされていました。そのフレームにブリストル6気筒エンジンを搭載した「トジェイロ・ブリストル」は、英国各地のレースで頭角を現すのですが、その出来ばえに目を付けたのが、1901年創業の老舗自動車メーカー「AC」でした。

当時、世界最大の市場アメリカで人気の高い2座席スポーツカーへの参入を画策していたACは、トジェイロと契約を締結。伊トゥーリング・スーペルレッジェーラ製バルケッタボディのフェラーリ166MMに酷似したスタイルを、社内のアラン・ターナーに命じてリファインさせたAC エース(ACE)が誕生。翌54年5月から生産がスタートすることになります。

そして同じ年の後半から追加されたのが、より耐候性に優れるとともに、当時その効力が追求され始めたばかりであった空力特性にも優れたフィクスドヘッド・クーペ、アシーカ(ACECA)だったのです。

ACエース/アシーカには、ACが1919年以来連綿と守り続けてきた2リッター直列6気筒SOHCエンジンが標準指定されましたが、このモデルの名声を決定したパワーユニットと言えば、やはり1956年からオプションとして選択可能となった英国ブリストル製の直列6気筒OHVエンジンを挙げねばならないでしょう。

起源であるトジェイロ・ブリストルにも搭載されたこの名機は、1933年から主任設計者としてBMWに参画。今なおBMWの象徴であるストレート6気筒エンジンを手掛けたドイツの名エンジニア、フリッツ・フォン・フィードラーの作品です。

第二次大戦の終結後、一時的にドイツを離れてブリストル社に出向していたフィードラーは、BMWと同じく航空機から自動車の分野に進出しようとしていたブリストルのために戦前以来のBMW直6ユニットほぼ同一の設計で、同じ1971ccの排気量を持つ直列6気筒OHVエンジンを開発します。このエンジンはブリストル400シリーズに搭載されたほか、ACにフレイザー・ナッシュ、クーパーなどの小規模コンストラクターも供給。その高性能と圧倒的なスムーズさから、1960年代初頭に至るまで全世界の2リッタークラスのエンジンの中でも最上級のパワーユニットという評価を受けることになりました。

今回ご案内するACアシーカも、名機ブリストル6気筒エンジンを搭載した個体。その吹け上がりやサウンドは、まさしく「極上」の一言に尽きます。

誰もが認める名作として名高いACエースの陰に、長らく隠れてきた感もあるACアシーカですが、近年のクラシックカー・マーケットでは正当な評価を受けるようになってきました。エアロダイナミックスを意識した独自の美しいボディは、リアに市販車世界初とも言われるハッチゲートを備えるなど、実用性にも優れています。またインテリアも、スパルタンな印象の強いエースに対して、ウッドキャッピングを多用したゴージャスな仕立て。新車として販売された当時は、エースよりも高価なプライスが付けられていたことも頷けることでしょう。

ACアシーカは、AC自社製エンジン搭載車が151台、ブリストル・エンジン搭載車が169台だけしか製作されていないとされる希少モデル。日本国内はもちろん、イギリス本国のクラシックカー・マーケットにも出回る機会が極端に限られます。

この機会に、是非ともワクイミュージアム・ヘリテージにてご覧くださいませ。


 

PAGE TOP

 

無断で記事・写真の転載を禁じます
Copyright ©  WAKUI MUSEUM All Rights Reserved.