BESPOKE

「ビスポーク」と名づけた再生新車クオリティのクラシックカーたち

SILVER SHADOWの復活プロジェクト

車を新品状態まで戻すレストア事業「ビスポーク」の象徴的な車種として、当社ではシルバー・シャドウを特別に扱っています。

シルバー・シャドウは、1966年にメカニズムを一気に近代化し、それまで創業以来60年間に製造販売したRolls-Royce車の総数をこの一車種で大きく上回ったヒット車種です。 モダン・クラシックとしての外観と現代の交通環境でも不都合のない運転の容易さ、取り回しの良さがある車ですが、シトロエンの特許を使用したサスペンションと入念な作り込みでメンテナンスが難しいとされ、いい状態で乗れる車はほとんどありませんでした。

メーカーやディーラーでもメンテナンスを受け付けてくれず評価の低かったこの車を、ワクイミュージアムでは徹底的な分解レストアによって新車状態に戻し提供しています。シルバー・シャドウ(グリル違いのベントレー版姉妹車はTシリーズ)はのちにコーニッシュと名付けされた2ドアクーペとコンバーチブル・モデルになります。

ワクイミュージアムでは匠の技術でメカの分解整備と全剥離塗装、内装の新調を行うことができます。内外装などは一部お好みで古い風合いを残すことも。 ヨーロッパの各メーカーが往年の名車を自ら復活させて数千万円で販売している昨今、私たちの熱意と情熱で復活させる極東発のクラシックカー市場への提案です。今現在に限り完成見本車もございます。是非ご覧ください。

Wakui MuseumのBESPOKEプロジェクト

Wakui MuseumのBESPOKEプロジェクト

Wakui MuseumのBESPOKEプロジェクト

Wakui MuseumのBESPOKEプロジェクト

Wakui MuseumのBESPOKEプロジェクト

Wakui MuseumのBESPOKEプロジェクト

Wakui MuseumのBESPOKEプロジェクト

Wakui MuseumのBESPOKEプロジェクト

Wakui MuseumのBESPOKEプロジェクト

 

 

PAGE TOP

 

無断で記事・写真の転載を禁じます
Copyright ©  WAKUI MUSEUM All Rights Reserved.