REPORT

日本におけるベントレー100周年

ベントレーにとって記念すべき100周年となった2019年には、英本国はもちろん、世界各地で祝賀イベントが数多く展開されました。わが国においても、ベントレー・モーターズ・ジャパンによるオフィシャルイベントを皮切りに、ワクイミュージアムも深く関与している愛好家クラブによって、個性的なイベントが相次いで開催。極東から、愛するベントレーの100歳が祝賀されることとなりました。

レポート1

ベントレー100周年記念ツーリングイベント
(6月24日~25日)

ベントレー100周年記念ツーリングイベント

2019年は英国の名門高級車メーカー、ベントレーにとって記念すべき創業100周年。英本国はもちろん、世界中のベントレー愛好家が祝賀イベントを展開している中、日本においてもこの6月下旬に、ベントレー・モーターズ・ジャパンによるオフィシャルイベントとして、関東地方を舞台とするツーリング大会が開催されました。

東京のスタート会場に選ばれたのは、いかにも日本らしい美しさを湛える明治神宮。イベント初日はあいにくの雨に見舞われましたが、そんな荒天もものともせず、オープンボディを持つ創成期モデル、「W.O.」時代のベントレーが5台も集まりました。

ベントレー100周年記念ツーリングイベント

また、1950年代の「Rタイプ」や60年代の「S2コンチネンタル」などの戦後型クラシック。あるいは1990年代の「コンチネンタルR」や「アズール」などのヤングタイマー・クラシック。さらにオフィシャルカーとして参加した「コンチネンタルGTコンバーチブル(日本未発売)」をはじめとする最新モデルに至る約20台の新旧ベントレーが、まるで特設のベントレー・ミュージアムのごとく集結。雨のそぼ降る明治神宮から、原宿・表参道へとスタートしてゆきました。

約70kmのドライブののち、まずは私たちの「ワクイミュージアム」にて地元加須の名物、うどんによるランチ休憩となりました。ここでミュージアム見学も楽しんだのちに再スタートし、この日は軽井沢の瀟洒なリゾートホテルで一泊。また、今年ベントレーが100周年に向けて全世界で規定している「センテナリー・ディナー」のメニューに従った素晴らしい夕食が、エントラントたちに振舞われることになりました。

そして翌25日は、前日の雨から一転、陽光が心地よい初夏の一日でした。この日のクラシック・ベントレーの一団は浅間山麓に向かったのち、再びのどかなカントリーロードをツーリング。ひなびた雰囲気が素敵な群馬の温泉旅館にてランチを楽しんだのち、イベントはフィナーレ。解散となりました。

今回の「ベントレー100周年記念ツーリング」では、一台のリタイアもなく、全車と全参加者が最後まで愛車とのツーリングを満喫。ベントレーの100周年を最高のかたちで祝うことができたのです。

Zoom Image 下の画像をクリックして拡大写真をご覧ください

Photo Report

Photo Report

Photo Report

Photo Report

Photo Report

Photo Report

Photo Report

Photo Report

 

レポート2

ベントレー100周年記念:ベントレー&ロールス・ロイス・デイ
(11月17日)

ベントレー100周年記念:ベントレー&ロールス・ロイス・デイ

私どもワクイミュージアムの館長、涌井清春も発起人の一人として誕生し、今や国内のR-R/ベントレー愛好家クラブとしては最も旧い歴史を持つ「ロールスロイス・ベントレー・オーナーズ・クラブ・オブ・ジャパン(RRBOCJ)」が毎年恒例で開くミーティング「ロールス・ロイス&ベントレー・デイ」は、2002年に神宮外苑絵画館前広場において初開催。’04年以降は、横浜赤レンガ倉庫へと会場が変更されて、現在に至っています。

しかし今年11月17日に開催された赤レンガ・ミーティングは、例年とは少しだけ違うイベント名と趣向で行われました。周知のごとく、この2019年はベントレーの創業100周年。そこで今年一回限定で「ベントレー&ロールス・ロイス・デイ2019」と銘打ち、RRBDCJでも100周年を大々的に祝賀することになったのです。

この日の大会本部の脇には、当館が所蔵する開祖W.O.ベントレー時代に製作された二台のベントレー。今夏の「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2019」で世界デビューを果たした1921年型3Litreゲイルン製ツアラーに、1928年のル・マン24時間レースで総合優勝した1927年型41/?Litre「オールド・マザー・ガン」が展示されました。一方その傍らには、ベントレー・モーターズ・ジャパンの協力で、先ごろ日本に導入されたばかりの新型コンチネンタルGTコンバーチブルが並びます。

ほかにもクラブメンバーたちによって、第二次大戦直後から今世紀に至る各世代のベントレーの傑作たちが大集合。愛好家たちがそれぞれ100周年を祝うべく、一日だけのベントレー博物館を演出するという、素晴らしい一日となったのです。

ベントレー100周年記念:ベントレー&ロールス・ロイス・デイ

ペブルビーチの凱旋展示となった3Litreゲイルン製ツアラーに、1928年のル・マン優勝車「オールド・マザー・ガン」が居並ぶ。

ベントレー100周年記念:ベントレー&ロールス・ロイス・デイ

RRBDCJ和田会長からの提案で、涌井館長がベントレー創業にまつわるエピソードを解説した。

ベントレー100周年記念:ベントレー&ロールス・ロイス・デイ

ベントレー・モーターズ・ジャパンから出展された新型コンチネンタルGTコンバーチブル。となりの3Litreゲイルン製ツアラーとの間には、実に98年もの「年齢差」が……。

ベントレー100周年記念:ベントレー&ロールス・ロイス・デイ

第二次大戦後ベントレーでは屈指の人気モデル「Sタイプ・コンチネンタル」世代からは、S1 H.J.マリナー製プレーンバッククーペとS2フライングスパーの二台が登場。

ベントレー100周年記念:ベントレー&ロールス・ロイス・デイ

赤レンガ倉庫前広場では、新旧各世代のベントレーがズラリと並ぶ、壮観なスペクタクルが展開された。

ベントレー100周年記念:ベントレー&ロールス・ロイス・デイ

このイベントでは恒例となった和田会長のバースディケーキも、今年はベントレー仕様に。

レポート3

BDCJベントレー100周年記念ツーリング
(11月22日)

BDCJベントレー100周年記念ツーリング

つい先ごろ、R-R&ベントレー・クラブ・オブ・ジャパンが横浜・赤レンガ倉庫で催した「ベントレー&ロールス・ロイス・ディ2019」から5日後となる、11月22日の朝。ワクイミュージアムには、19台の新旧ベントレーたちの姿がありました。

この日、ベントレー本社公認のオーナーズクラブ「ベントレー・ドライバーズクラブ(BDC)」の日本支部「ベントレー・ドライバーズクラブ・ジャパン(BDCJ)」により、ベントレー100周年記念のオフィシャル・ツーリングが行われることになったのです。

BDCは1936年に、英国のベントレー愛好家によって立ち上げられ、ワンメイクとしては世界最古のオーナーズクラブと言われています。創成期のメンバーには、往年のベントレーボーイズやW.O.ベントレー本人も含まれていたそうです。

そして今回のツーリングのテーマは、新旧のベントレー愛好家が集い、日本独自の文化や美しい景観を愛車とともに味わいつつ、ベントレー100周年を祝うというものです。

ワクイミュージアムからスタートし、まずは日本の伝統的陶芸のコレクション、栃木・益子の「濱田庄司記念益子参考館」を見学したのち、益子から同じ栃木県の鹿沼市に至るカントリーロードをツーリング。鹿沼では、ベントレー愛好家でもある伝統的木工・建具業者の青柳家を訪ねる。そして、青柳氏の子息が宇都宮市内に開いたフレンチレストラン「森のレストランAOYAGI」にて、1928年ル・マン24時間レース祝勝会のメニューを再現したフェアウェル・ディナーを味わうという、なんとも盛りだくさんで贅沢な一日。

あいにく冷たい雨に見舞われてしまいましたが、参加した「ベントレードライバーズ」たちは、スタート前からディナー終了まで楽しげな表情に終始していたようです。

ベントレー・モーターズ・ジャパンによって6月に開催された軽井沢ツーリング、11月のR-R&ベントレー・クラブ・オブ・ジャパン「ベントレー&ロールス・ロイス・ディ2019」と続いた日本における一連のベントレー100周年祝賀イベントは、このBDCJツーリングをもって大団円。100年に一度だけのベントレー祭りは、わが国でも素晴らしいクライマックスを迎えることができたのです。

BDCJベントレー100周年記念ツーリング

ツーリングの先導車は、ベントレー・ジャパンのティム・マッキンレー社長が搭乗する、今年デビューしたばかりのコンチネンタルGTコンバーチブル。

BDCJベントレー100周年記念ツーリング

「冷たい雨も何のその!」とばかりに快走。陶芸の街・益子に、W.O.時代の傑作1928年型6½リッターが雄姿を見せる。

BDCJベントレー100周年記念ツーリング

益子では、ベントレー・ジャパン提供による日本蕎麦のランチが振舞われた。

BDCJベントレー100周年記念ツーリング

益子「濱田庄司記念 益子参考館」に到着。大正・昭和に活躍した陶芸家、濱田庄司は白洲次郎とも交流があったとのことで、参考館正門前に次郎の愛車3リッターを置いた。

BDCJベントレー100周年記念ツーリング

濱田庄司の孫で、当代一流の陶芸家としても知られる参考館館長、濱田友緒さんが、BDCJ一行のために解説を担当してくれた。

BDCJベントレー100周年記念ツーリング

鹿沼・青柳家の庭園は、美しく紅葉。新型コンチネンタルGTコンバーチブルと、素晴らしいコンビネーションを見せた。

BDCJベントレー100周年記念ツーリング

1927年ル・マンの祝勝パーティ会場となったサヴォイ・ホテルに、優勝車3リッターを持ち込んだ故事に倣って、「森のレストランAOYAGI」には1928年優勝車の「オールド・マザー・ガン」を展示。

 

BDCJベントレー100周年記念ツーリング

BDCJベントレー100周年記念ツーリング

BDCJベントレー100周年記念ツーリング

BDCJベントレー100周年記念ツーリング

各テーブルには、1928年ル・マン祝勝会メニューの複製をセット。前菜からメイン・デザートに至るまで、パリ「オテル・リッツ」で修行した青柳シェフが1928年当時のメニューをアレンジした、文化的・学術的にも意義深いディナーを供した。

 

BDCJベントレー100周年記念ツーリング

 

 

PAGE TOP

 

無断で記事・写真の転載を禁じます
Copyright ©  WAKUI MUSEUM All Rights Reserved.