ワクイミュージアム、
ペブルビーチに堂々の
デビュー

 ペブル・ビーチ コンクール・
デレガンス2019をふりかえって
Wakui Museum 館長 涌井 清春

涌井です。
ペブルビーチから戻りました。詳しくは今回アメリカに帯同した当館キュレーターの武田公実 君が連載レポートいたします。

まず世界最高のクラシックカーの舞台に、見物ではなく、参加できたことは感慨深いことでした。きっと将来のワクイミュージアムにも役立つフィードバックができると思います。

はじめに、ミュージアムの “Gairn 3L” 、一見地味なクルマで、私も醜いアヒルの子と呼んでいましたが、今回 “Old Mother Gun” よりもこちらが評価されて展示となりました。今回 ル・マン優勝車はなぜか1台も展示がなかったです。“Gairn” はシャシー、ボディともにオリジナルで世界最古と、ベントレー専門家の本にも巻頭で紹介されていますので、そうしたことも後押しとして判断材料になっているのかと思います。

さらに、私が買いつけた “Gairn 3L” の元オーナーが、ポルトガルから見に来てくれて、感動の出会いがありました。当時はスウェーデンだったのですが、今はリタイアしてポルトガルに住んでいるそうです。嬉しい出会いでした。

1,000台以上のエントリーから200台に絞るために4ヶ月をかけて出品車が決まる。展示の仕方、その週のモントレイ全体にあちこちのオークションや、ラグナセカの走行などイベントがあり、最後にゴルファーなら一度はプレイしたいという美しいペブルビーチの18番ホールの展示に集合し、観客数もすごいものになる。クラシックカー文化が集約されたような別世界でした。ワクイミュージアムの顧客のクルマを出せるようになりたいなと思いました。

まだ暗い朝6時にガレージから18番ホールに向かって、名車が続々とランウエイを歩くように進行していきます。本で見たような車を、有名人オーナーも自分で運転しています。夜明けなのにそれを見守っている観客がすでに5千人から1万人います。ベントレーだけでもエンビリコスの車、8リッター、ブロワー、幻の車と言われたグラバーのS3コンチネンタルが観客に見送られ18番ホールに向けて一緒に走っています。夢のような光景でした。

レストアの腕ではウチも負けてはいません。ペブルビーチを目指せる顧客の車を仕上げることも夢ではないと思いました。今回の “Best of Show” は、ペニンシュラホテルのオーナーの所有する希少なベントレー8リッターでした。100周年記念なのでベントレーに花を持たせたのかとも思いますが、競ったミウラとどうやって一番を決められるのか、時代も違うし100人のジャッジの判断も割れたような気がします。

車という趣味を媒介にして、もっとも美しい場所で、誰もが親しく談笑すること。入場切符は最高30万円というこのイベント・ビジネスを60年かけて育てたこと。車以外にも感心は尽きません。

客層の多さ、富裕層の厚さ、展示場の良さ。スケールは違いますが、これからのワクイミュージアムへの大きなヒントになったと思います。

(涌井 拝)

 

 

PAGE TOP

 

無断で記事・写真の転載を禁じます
Copyright ©  WAKUI MUSEUM All Rights Reserved.