Austin Healey Sprite

Austin Healey Sprite

Sales Price ASK(応談)

Zoom Image画像をクリックして拡大写真をご覧ください
 
  • Austin Healey Sprite
  • Austin Healey Sprite
  • Austin Healey Sprite
  • Austin Healey Sprite
  • Austin Healey Sprite
  • Austin Healey Sprite
  • Austin Healey Sprite
  • Austin Healey Sprite
  •  
  •  

Austin Healey Sprite  Information

 年式
 メーカーAustin
 モデルHealey Sprite
 コーチビルダー
 ボディータイプ 2 door Roadster
 ボディーカラー
 内装 グレー
 
 付加情報 オースティン・ヒーリー・スプライトは、MGのTシリーズ・ミジェットやMGA、あるいは上級に当たるヒーリー100よりもさらに小型のレンジを狙って1958年に発表された小型ロードスター。
その可愛らしいスタイルから、イギリス本国では「The Frog Eyes」。メイン市場と目された北米では「Bug Eye」。そしてスポーツカーによるモータリングではまだ黎明期にあったわが国でも「カニ目」というニックネームで呼ばれるなど、世界中のエンスージアストから熱愛されたスポーツカーの傑作です。
実はBMCとしても初体験となったモノコックボディに、当時のBMCの最廉価モデルたるオースティンA35/モーリス・マイナーからパワートレーンやサスペンションなど基本コンポーネンツのほとんどを流用しており、4気筒OHV948ccのBMC・Aタイプユニットのパワーは43psというささやかなものでした。
しかし、600kgそこそこの軽量がもたらすクイックな操縦性と、ライトウェイトスポーツカー製作に長い経験を持つ英国車ならではの本格的なつくりは極めて魅力的なもので、生来の目的どおり北米市場を中心に高い評価を獲得しました。
1961年には、ボディ前後セクションをより直線的なデザインにモディファイ。同時に追加設定された「MGミジェット」の姉妹車と位置づけられた後継モデル「スプライトMkII」に跡目を譲ってラインナップから去ることになりますが、デビューからわずか3年足らずの生産期間に48997台がラインオフする大ヒット作となりました。
そしてデビュー後半世紀以上を経た現在でも、速さだけがスポーツカーの魅力でないことを感じさせてくれることから、スポーツカーの「ブレッド&バターカー」、あるいは「メートル原器」とも評されているのです。
今回「ワクイミュージアム・ヘリテージ」に入庫した車両は、長らく大切に室内保管されていた個体です。エクステリア/インテリアとも、レストアから一定の期間を経ていますが、今後大きな問題と引き起こすような錆などは無く、今後も末永くお楽しみいただくには充分なコンディションと見ています。
このあと、機関部を中心とした軽いメンテナンスを施した上で販売させていただく予定となっておりますので、是非ともワクイミュージアム・ヘリテージにて、この魅力をお確かめください。

contact


PAGE TOP


 

Go page top