2000年 Maserati 3200GT

2000 Maserati 3200GT

Sales Price ASK(応談)

Zoom Image画像をクリックして拡大写真をご覧ください
 
  • 2000 Maserati 3200GT
  • 2000 Maserati 3200GT
  • 2000 Maserati 3200GT
  • 2000 Maserati 3200GT
  • 2000 Maserati 3200GT
  • 2000 Maserati 3200GT
  • 2000 Maserati 3200GT
  •  
  •  
  •  

2000 Maserati 3200GT  Information

 年式 2000
 メーカー Maserati
 モデル 3200GT
 ボディータイプ 2Door Coupe (Left Hand Drive)
 コーチビルダー
 ボディーカラー Azzurro Argentina Met
 内装 Blue
 特徴 デーラー車
    
 付加情報

ワク井ミュージアム・ヘリテージに、ヤングタイマー・クラシックカーの伝説的モデル、マセラティ3200GTが入庫いたしました。

1998年にデビューしたマセラティ3200GTは、70年代末頃にボーラやカムジンが消滅して以来、量産クーペ「ビトゥルボ」とその発展モデルで糊口をしのいできたマセラティにとっては久方ぶりの本格的グラントゥリズモでした。

エンジンは、元々「シャマル」のために設計されたのち、四代目「クアトロポルテ」にも使用された3.2リッターV8ツインターボをベースとするものの、新たなチューンアップを受けて370psを発揮。6速MT仕様で280km/h、4速AT仕様でも275km/hの最高速を標榜するなど、いわゆる「スーパーカー」としても申し分ない性能が与えられました。

また、サスペンションも前後とも強固な鍛造アルミ製アームによるダブルウイッシュボーン。こちらは当時の親会社であるフェラーリ各モデルに準ずるものでした。

一方、実用性とスタイルを兼ね備えた秀逸なボディデザインは、イタルデザイン社のデザインワークによるもの。ただし、同社の開祖ジョルジェット・ジウジアーロではなく、長男のファブリツィオがデザインを担当したとされています。

そして上質なレザーで仕立てられたインテリアは、ビトゥルボ以来「クアトロポルテ・エボルツィオーネ」まで長らく続いたゴージャスなスタイルを放棄。マセラティの伝統にはより相応しい、質実なデザインとされました。

つまりマセラティ3200GTはすべての面において、かつての「ミストラル」や「ギブリ」の血統を確かに受け継いだ、本物のイタリア式スーパースポーツとして誕生したことになるのです。

今回ご紹介するマセラティ3200GTは、2000年にコーンズ&カンパニー・リミテッドが輸入したディーラー車。トランスミッションは4速ATで、「Blu Argentina(アルゼンチン・ブルー)」と呼ばれる美しいブルー・メタリックのボディに、ダークブルーの本革レザー内装が、1960年代のマセラティのごとき調和を見せる魅力的な一台です。

マセラティ3200GTは、国内のクラシックカー市場に流通している台数も少ないことから、一見の価値があると思われます。是非とも一度、ワク井ミュージアム・ヘリテージにてご覧くださいませ。


contact


PAGE TOP


 

Go page top