1989年 Caterham Super Seven 1700SS | ケータハム・スーパーセヴン 1700SS

1989 Caterham Super Seven 1700SS | ケータハム・スーパーセヴン 1700SS

Sales Price ASK(応談)

Zoom Image画像をクリックして拡大写真をご覧くださ
 
  • 1989 Caterham Super Seven 1700SS | ケータハム・スーパーセヴン 1700SS
  • 1989 Caterham Super Seven 1700SS | ケータハム・スーパーセヴン 1700SS
  • 1989 Caterham Super Seven 1700SS | ケータハム・スーパーセヴン 1700SS
  • 1989 Caterham Super Seven 1700SS | ケータハム・スーパーセヴン 1700SS
  • 1989 Caterham Super Seven 1700SS | ケータハム・スーパーセヴン 1700SS
  • 1989 Caterham Super Seven 1700SS | ケータハム・スーパーセヴン 1700SS
  • 1989 Caterham Super Seven 1700SS | ケータハム・スーパーセヴン 1700SS
  • 1989 Caterham Super Seven 1700SS | ケータハム・スーパーセヴン 1700SS
  •  
  •  

1989 Caterham Super Seven 1700SS | ケータハム・スーパーセヴン 1700SS  Information

 年式 1989
 メーカー Caterham
 モデル Super Seven 1700SS、右ハンドル
 コーチビルダー
 ボディータイプ
 内装
 付加情報

ワクイミュージアム・ヘリテージに、スパルタンなライトウェイトスポーツカー、ケータハム・スーパーセヴン1700SSが入庫いたしました。

ケータハムは、それまでロータス社が生産していたセヴンの生産権を購入したグレアム・ニアーンによって、1973年に英国サリー州ケータハムに創立されたコンストラクター。この段階で、既にデビューから16年を経ていたロータス・セヴンをエンスージアスト的な情熱から延命させ、改良に改良を重ねて21世紀の現在に至るまで魅力的なセヴンの数々を生産し続けています。

また2014年からは、日本のスズキ製軽自動車エンジンを搭載した「セヴン160」をリリースし、再び大きな話題を呼びました。

今回ご紹介するのは、1984年型スーパーセヴン1700SS(スーパースプリント)。1970~90年代初頭までケータハム・スーパーセヴンの中核をなし、今なおファンにとっては最も好ましいとされる英国フォード社製「ケント」直列4気筒OHVクロスフローユニットを搭載しています。この1700SSでは1.7リッターに拡大し、2基のウェーバー社製キャブレターを組み合わせ、500㎏台に収まるウェイトも相まって、とても痛快なパフォーマンスを発揮します。

またド・ディオン・アクスルが標準となる現代のケータハム・セヴンと違い、この時代はリアアクスルがリジッド。絶対的なコーナーリングスピードはド・ディオンに譲りますが、低い速度域でもテールスライドを誘発しやすいリーズナブルな乗り味には、現在でも多くのファンがいます。

加えて、この時代ゆえのクラムシェル型フロントフェンダー&ショートコックピットゆえに、レーシングスクリーンでレーシーに装っても、あくまでクラシカルな雰囲気が保たれているのが魅力なのです。

ワクイミュージアムでは「変わり種」の印象が強いケータハム・スーパーセヴンですが、この個体は既に製作から32年を経たクラシック。ライトウェイトスポーツカーを愛する方には、きっとお気に召していただけるものと思われます。



contact


PAGE TOP


 

Go page top