1989年 Bentley Mulsanne S

1989 Bentley Mulsanne S

Sales Price ASK(応談)

Zoom Image画像をクリックして拡大写真をご覧ください
 
  • 1989 Bentley Mulsanne S
  • 1989 Bentley Mulsanne S
  • 1989 Bentley Mulsanne S
  • 1989 Bentley Mulsanne S
  • 1989 Bentley Mulsanne S
  • 1989 Bentley Mulsanne S
  • 1989 Bentley Mulsanne S
  • 1989 Bentley Mulsanne S
  •  
  •  

1989 Bentley Mulsanne S  Information

 年式1989
 メーカーBentley
 モデルMulsanne 左ハンドル
 ボディーカラー
 内装ライト タン
 特徴程度は良好で、エンジンミッションも快調です。 アメリカ仕様なのでフロントのシートベルトに特徴があります。
運転手付きの社用車などには便利かもしれません。走行距離が1万数千キロ程度の内装極上車両です。
 付加情報

1980-90年代の「ヤングタイマー・クラシック」の人気が定着した昨今、ワク井ミュージアム・ヘリテージにおいても、例えばベントレー・ターボRなどの需要は日増しに高まっています。その傍ら、同年代のモデルであってもベントレー・ミュルザンヌは生産台数の少なさゆえに現代ではレア車とされているのですが、このほどとても魅力的な一台をご案内できることになりました。

ベントレー・ミュルザンヌは、R-Rシルヴァースピリットのベントレー版として、1980年に同時デビューしたモデル。ミュルザンヌとはル・マン24時間が開催されるサルテサーキットの最速ストレート出口のコーナー名で、かつてW.O.時代のヴィンテージ・ベントレーがル・マン24時間レースで大活躍した歴史に肖ったものです。

ミュルザンヌの時代には、R-R/ベントレー両ブランドによるテクニカルスペックの差は事実上消滅しており、ミュルザンヌもエンジン/トランスミッションからサスペンションに至るまでシルヴァースピリットと同一のものとなっています。

また、エクステリアについてもR-Rのパルテノン神殿の代わりに、ベントレー伝統のラウンドシェイプのグリルが取り付けられているていどの違い。インテリアもR-R版に採用されるバァ(玉杢)・ウォルナットが、シンプルでスポーティな柾目のウォルナットに換えられることくらいで、コノリー社製の最高級レザーハイド、ウィルトンのウールカーペットなどの豪華装備が奢られています。

そして1987年には、エンジンがインジェクション化されるとともに「ターボR」や「エイト」で成功した、ややハードなサスペンションセッティングが施された改良版「ミュルザンヌS」となるのです。

そののち、インジェクションがボッシュのモトロニックに換装され、そのほかすべての機能がコンピューター管理されるなどのアップ・トゥ・デートを受けた90年モデルに進化するまでの1987-88-89年型R-R/ベントレーは、シンプルな分だけ信頼性が高いことから、愛好家の間では「ヴィンテージ・イヤー」と呼ばれて珍重されているのですが、今回ご案内するミュルザンヌSもその一台。1989年に生産されたのち、北米経由で新車並行輸入された個体です。

さらに新車以来の走行距離は1万数千kmで、それを裏付けるように美しい内外装のコンディションを維持していることも合わせて、国内外のマーケットでもめったに見られない素晴らしいミュルザンヌSと言えるでしょう。

1992年までの5年間で、わずか909台のみしか生産されなかったミュルザンヌSの中でも、特別中の特別な一台。是非ともワク井ミュージアム・ヘリテージにてご覧ください。




contact


PAGE TOP


 

Go page top