1984年型 Rolls Royce Corniche DHC   Silver

1987 Rolls Royce CAMARGUE LTD

  • 1987 Rolls Royce CAMARGUE LTD
  • 1987 Rolls Royce CAMARGUE LTD
  • 1987 Rolls Royce CAMARGUE LTD
  • 1987 Rolls Royce CAMARGUE LTD
  • 1987 Rolls Royce CAMARGUE LTD
  • 1987 Rolls Royce CAMARGUE LTD
  • 1987 Rolls Royce CAMARGUE LTD
  • 1987 Rolls Royce CAMARGUE LTD
  • 1987 Rolls Royce CAMARGUE LTD
  • 1987 Rolls Royce CAMARGUE LTD
  •  
  •  
Zoom Image画像をクリックして拡大写真をご覧ください

1984 Rolls Royce Corniche DHC   Information

 年式1984
 メーカーRolls Royce
 モデルCorniche、左ハンドル
 コーチビルダーMulliner Park Ward
 ボディータイプDrophead Coupe (DHC)
 ボディーカラー silver (シルバー)
 内装黒革
 紺布
 付加情報 1966年のシルバーシャドー 2ドアサルーンの誕生以来、実に90年代の半ばまで四半世紀もの長きにわたって、
コーニッシュはその姿を大きく変えることなく生産され続けました。ロールスロイスの、ひいては当時生産された
すべての自動車の中でも最高級のパーソナルカーとして、3千台余りが世に送り出されたのです。

かつてその美しさが称賛された自動車は数々ありました。しかしその多くは今、博物館の展示品となるか、
ガレージの宝物として秘かにしまいこまれているものがほとんどです。美しいボディをまといながらも、
頑丈な車体とエンジン、ミッションなど機関の信頼性までも兼ね備えた車は意外と少ないものです。

自動車として類稀な美しい車種でありながらも、30年の年月ののちにも日常の使用に耐える機能と性能を
保ちえたのは、イギリスが培ったクラフツマンシップの技と、ロールスロイス社の真面目で丁寧な車づくりの
伝統があったからにほかなりません。

コーニッシュのメカニズムは基本的にはシルバーシャドーと同じもので、シルバースピリットへ至る改良の過程を
そのままたどっています。当時ビジネスユースにも耐えたシルバーシャドーの堅牢さをそのまま標準装備したモデルなのです。
典雅とも称されるクラシカルな外見ながら、コーニッシュは現代の交通環境にも十分耐えうる実力を備えています。

コーニッシュは、自動車が技術的にもデザインにおいても一つの高みを極めた時代の象徴として、今後評価がさらに
高まることは間違いありません。自動車界に数々のベンチマークを記してきた ロールスロイスですが、コーニッシュもまた
パーソナルカーの最高峰として歴史上忘れることのできない美しい車であり、今なお羨望の的であり続けています。

今回ご案内のコーニッシュは良き時代のコーニッシュでシルバーシャドーのSUキャブに対してヨーロッパ仕様には
ソレックス製の4バレルキャブレターを使用、パワーがありしなやかであるこのキャブは1986年まで使われた。
車の作りも手が込んでおり丁寧に仕上げたこの年式のコーニッシュはヨーロッパで人気がある。
当社では、このコンピューターを使用していないコーニッシュに手を加え、幌などキャンパスで張り替えて
特別仕様に仕上げております。是非一度見てください。

(May 2013)

contact



 

Go page top