1980年 Mercedes Benz 500SL

1980 Mercedes Benz 500SL

Sales Price ASK(応談)

Zoom Image画像をクリックして拡大写真をご覧くださ
 
  • 1980 Mercedes Benz 500SL
  • 1980 Mercedes Benz 500SL
  • 1980 Mercedes Benz 500SL
  • 1980 Mercedes Benz 500SL
  • 1980 Mercedes Benz 500SL
  • 1980 Mercedes Benz 500SL
  • 1980 Mercedes Benz 500SL
  • 1980 Mercedes Benz 500SL
  •  
  •  

1980 Mercedes Benz 500SL  Information

>
 年式 1980
 メーカー Mercedes Benz
 モデル 500SL、左ハンドル
 ボディーカラー ブラック
 内装
 付加情報

近年、その開祖である300SLが牽引役となり、クラシックカー市場におけるプレステージを格段に高めているメルセデス・ベンツ「SL」シリーズ。その人気は「ヤングタイマー」ないしは「ネオクラシック」と呼ばれる1970~80年代のR107シリーズにも波及し、現代の路上環境でも日常的に使用できる身近なクラシックカーとして高い評価を受けるようになりました。

そんなメルセデスR107系SLの中でも、現代のクラシックカー市場では特にリクエストの多いヨーロッパ仕様の500SLが、このほどワクイミュージアム・ヘリテージに入庫いたしました。

メルセデス・ベンツR107系SLは、まずは1971年に350SLとしてデビュー。大ヒット作となったW113系280SLの後継モデルで、1970年代中盤から世界の自動車界に変革をもたらした受動安全対策を先取りしたことでも知られています。

1973年には4.5リッターにエンジンを拡大した450SLに取って代わられるとともに、翌74年には直列6気筒DOHCエンジンを搭載したエントリーモデルの280SLも追加。さらに80年には、新設計のアルミブロックV8エンジンを搭載した500SLがトップモデルとして誕生します。そして86年に560SLおよび300SL(直6SOHC)に進化したのち、1989年に後継R129系SLへとモデルチェンジを果たし、メルセデス・ベンツとしては当時最長に当たる18年間にもわたって生産されるロングセラーとなりました。

今回ご案内するのは、500SLが追加された最初の年に生産された一台。当時の日本市場には155psの380SLしか正規輸入されていなかったため、240psのフルパワーを求める顧客のリクエストに応じて、あえて並行輸入された個体です。

コンディションはエクステリア/インテリアともに上々。このモデルのデザイン上の要である「パゴダ・ルーフ」スタイルのハードトップや、当時のAMG純正リアル社製アロイホイールも良い状態を保っています。またV8・5リッターのエンジンもセル一発で気持ちよく始動し、ショックの少ないトランスミッションが力強い加速を体感させてくれ、現代の高級車たちにも負けないパフォーマンスを発揮します。

古今東西の「ヤングタイマー」の中でも代表的存在として知られるとともに、1980年代独特の絢爛たる雰囲気、そして何よりメルセデス・ベンツがオーバークォリティだった時代を存分に味わうことのできる500SLを、是非ともワクイミュージアム・ヘリテージにてご覧くださいませ。



contact


PAGE TOP


 

Go page top