1977年 Bentley T2 Four Door Saloon

1977 Bentley T2 Four Door Saloon

Sales Price ASK(応談)

Zoom Image画像をクリックして拡大写真をご覧ください
 
  • 1977 Bentley T2 Four Door Saloon
  • 1977 Bentley T2 Four Door Saloon
  • 1977 Bentley T2 Four Door Saloon
  • 1977 Bentley T2 Four Door Saloon
  • 1977 Bentley T2 Four Door Saloon
  • 1977 Bentley T2 Four Door Saloon
  • 1977 Bentley T2 Four Door Saloon
  • 1977 Bentley T2 Four Door Saloon
  • 1977 Bentley T2 Four Door Saloon
  • 1977 Bentley T2 Four Door Saloon
  • 1977 Bentley T2 Four Door Saloon
  • 1977 Bentley T2 Four Door Saloon
  •  
  •  
  •  

1977 Bentley T2 Four Door Saloon  Information

 年式 1977
 メーカー Bentley
 モデル T2
 ボディータイプ Four Door Saloon(Left Hand Drive)
 コーチビルダー
 ボディーカラー Oyster
 内装 Brown Leather Piped Cream
 特徴 アイアンバンパー・コンバージョン
    
 付加情報

ベントレーT2サルーンは、先代に当たるTとともに歴代ベントレー・スタンダード4ドアサルーンの中でも、意外なほどの希少車として知られています。

姉妹車であるロールスロイス・シルヴァーシャドウとともに、1965年9月に発表されたベントレーTは、ロールス・ロイスの歴史上最もドラスティックな進化を遂げたモデル。4輪ディスク化されたブレーキや高度なサスペンション、オートマティック変速機に至るまで、そのドライブフィールはすべてがスムーズで、現代の常識においてもまったく引けを取らないものです。ところが、あまりに革新的なテクノロジーを大幅に採用したため、デビュー直後から数多くの改良が施されることになりました。

中でも最大の進化となったのが、1975年に姉妹車R-RシルヴァーシャドウIIとともに代替わりとなったT2。エクステリアでは、北米仕様に先行採用されていた衝撃吸収式バンパーが標準装備となりました。また、パワーユニットは従来のV8OHV・6747ccエンジンが踏襲されるものの、ステアリングはそれまでのボール循環式からラック&ピニオンに変更。ラジアルタイアの標準装備化も相まって、直進安定性やハンドリングが大きく向上したとされています。

ただしT/T2時代のベントレー・ブランドは、ロールス・ロイス社内における存在が非常に薄くなっていた時期でもあり、R-Rシルヴァーシャドウに対するTシリーズの生産数比率は約1:9まで後退していたことから、結果として現在においては熱心なベントレー愛好家にとってのコレクターズアイテムとなったのです。

このほどワク井ミュージアム・ヘリテージに入庫した1977年型ベントレーT2は、20年ほど前に当社がアメリカ西海岸より仕入れた車両。日本では2オーナーとなります。また、当社にてシルヴァーシャドウ/T時代の特徴であるアイアンバンパーに換装。クラシックな装いを好まれるエンスージアストにとっては、より魅力的なスタイルとなっています。

高度ながら繊細と言われたメカニズムの熟成度が格段に高まり、エア・コンディショナーもモダーンなものへとリニューアルされたT2のメカニズムを持ちつつも、エクステリアはクラシカルで人気の高い「T」時代に限りなく近いものへとモディファイしたこの車両は、ベントレーTシリーズ全体の希少性も相まって、非常に魅力的な一台と思われます。

加えて「ライト・オイスター」と呼ばれるベージュ・メタリックのボディや、ダークブラウンにクリーム色のパイピングを組み合わせた、洒脱なエクステリア/インテリアのコンディションも良好。日常のアシとしてクラシック・ベントレーを楽しみたいファンにとっては、まさしく絶好の一台と言えるでしょう。

まずはワク井ミュージアム・ヘリテージにお越しいただき、この魅力をご堪能くださいませ。




contact


PAGE TOP


 

Go page top