1975年 Roll-Royce Silver Shadow

1975 Roll-Royce Silver Shadow

Sales Price ASK(応談)

Zoom Image画像をクリックして拡大写真をご覧ください
 
  • 1975 Roll-Royce Silver Shadow
  • 1975 Roll-Royce Silver Shadow
  • 1975 Roll-Royce Silver Shadow
  • 1975 Roll-Royce Silver Shadow
  • 1975 Roll-Royce Silver Shadow
  • 1975 Roll-Royce Silver Shadow
  •  
  •  
  •  
  •  

1975 Roll-Royce Silver Shadow  Information

 年式1975
 メーカーRolls Royce
 モデルSilver Shadow 左ハンドル
 ボディーカラー黒/シルバー
 内装パーチメント
 特徴程度良好、スペアキーもそろっており、機関の調子は素晴らしい状態です。 普段使いにも乗りやすい一台です。
 付加情報

ワク井ミュージアム・ヘリテージが最も力を入れるとともに、最も得意とするロールス・ロイス・シルヴァーシャドウが、また一台入庫することになりました。

1965年9月に発表されたシルヴァーシャドウは、それまでのシルヴァークラウドのようなクラシカルなスタイルから飛躍し、モダーンにしてクリーンな3ボックススタイルのモノコックボディを持つサルーンとなりました。

そして、そのボディの下に隠されたメカニズムも一気に革新派に転向。1950年代までの保守的なR-Rの伝統を覆すアバンギャルド的テクノロジーが満載されていました。

パワーユニットはシルヴァークラウド/ファンタムVのV8OHV・6230ccエンジンが踏襲されるものの、それまでリーフ式固定軸だったリアサスペンションは、シトロエン特許のハイドロニューマティックを採用した自動車高調節システムつきの独立懸架。ブレーキも旧来のイスパノ・スイザ式メカニカルサーボつき4輪ドラムから、一挙にハイドロニューマティックによる油圧作動の4輪ディスクとなります。

その一方で内/外装のフィニッシュの素晴らしさはR-Rの名に恥じないもので、バァ(玉杢)・ウォルナットのウッドトリムとコノリー社製最高級レザーハイド、ウィルトンのウールカーペットが贅沢に奢られています。

1970年以降は、エンジンが6747ccにスケールアップされる一方、トランスミッションもこれまで対米輸出仕様に採用されていたGM製ターボハイドラマティックに統一され、乗りやすさや信頼性も格段に向上。その一方で、アイアンバンパーのクラシカルなスタイルを保った1975年までの生産車両、いわゆる「シルヴァーシャドウ1は、特にこの数年で再評価を受けているのです。

今回ご案内する個体も、その時代に生産されたシルヴァーシャドウ。1975年生産とのことなので、シルヴァーシャドウ1としては最終型。まさに熟成を極めた一台と言えるでしょう。

またエクステリア/インテリアのコンディションも上々。メカニカルコンディションも素晴らしいことから、デイリーユーズにも乗りやすい一台。さらにスペアキーが揃っていることからも、これまでいかに大切に乗られてきたかがうかがわれる極上のシルヴァーシャドウ1を、是非ともワク井ミュージアム・ヘリテージにて触れてみてください。




contact


PAGE TOP


 

Go page top