1974年 Jaguar E-Type Series III V12 Roadster

1974 Jaguar E-Type Series III V12 Roadster

Sales Price ASK(応談)

Zoom Image画像をクリックして拡大写真をご覧ください
 
  • 1974 Jaguar E-Type Series III V12 Roadster
  • 1974 Jaguar E-Type Series III V12 Roadster
  • 1974 Jaguar E-Type Series III V12 Roadster
  • 1974 Jaguar E-Type Series III V12 Roadster
  • 1974 Jaguar E-Type Series III V12 Roadster
  • 1974 Jaguar E-Type Series III V12 Roadster
  • 1974 Jaguar E-Type Series III V12 Roadster
  •  
  •  
  •  

1974 Jaguar E-Type Series III V12 Roadster  Information

 年式1974
 メーカー Jaguar
 モデル E-Type Series III V12 Roadster
 コーチビルダー
 ボディータイプ 2door Roadster
 ボディーカラー
 内装
 レザートップ
 付加情報 20世紀のスポーツカーの中でも最も偉大なモデルの一つと評されるジャガーEタイプは、1961年のジュネーヴ・ショーにて、のちに伝説とも称されるセンセーションを巻き起こしつつデビューしました。
同時代のアストンマーティンやフェラーリにも匹敵する高性能に加えて、かのエンツォ・フェラーリをして「最も美しいクルマ」と言わしめ、今なお自動車史上屈指と評される美しいスタイル。そして、同時代のライバルたちの約半額に抑えられた価格などの要素が相まって、爆発的人気を獲得。また1960年代に世界を席巻したイギリス文化においても、ある種のシンボルとして敬愛されることとなりました。
1971年にはV12エンジンを搭載するなどの改良を受けて、今回ご紹介するシリーズ3へと最終進化を遂げたのち、’75年に惜しまれつつ生産を終えます。しかし、後世の高級GTたちに多大な影響を与えたのみならず、ジャガー自身も最新モデル「Fタイプ」にて熱烈なオマージュを捧げるなど、スポーツカーの歴史的傑作として世界中のエンスージアストから敬愛されているのです。
歴代Eタイプの中でも、10年ほど前までは初期型のシリーズ1のみが突出して高価なマーケット価格を形成していましたが、クラシックカーの市場がグローバル化した現在では、主に北米で人気の高いシリーズ3が、シリーズ1に次ぐ人気モデルとして急速に価値を上げてきています。特に今回ご案内する個体は、右ハンドルのロードスター、しかも変速機は4速マニュアルという、ジャガー・エンスージアスト垂涎のシリーズ3。
マニュアルトランスミッションとの組み合わせで、V12エンジンのスムーズなフィールを余すことなく味わうことのできる一台なのです。
近年、高騰の一途を辿るクラシックカーの世界的市況において、ジャガーEタイプはその代表格とも言われています。しかし、この個体のように素晴らしいスペックを誇る車両であれば、充分にリーズナブルな投資であると確信しております。
是非とも、ワクイミュージアムにてこの魅力をお確かめください。

contact


PAGE TOP


 

Go page top