1964 Bentley S3 Continental Four Light Flying Spur by Mulliner Park Ward

1964 Bentley S3 Continental Four Light Flying Spur by Mulliner Park Ward

Sales Price ASK(応談)

Zoom Image画像をクリックして拡大写真をご覧ください
 
  • 1964 Bentley S3 Continental Four Light Flying Spur by Mulliner Park Ward
  • 1964 Bentley S3 Continental Four Light Flying Spur by Mulliner Park Ward
  • 1964 Bentley S3 Continental Four Light Flying Spur by Mulliner Park Ward
  • 1964 Bentley S3 Continental Four Light Flying Spur by Mulliner Park Ward
  • 1964 Bentley S3 Continental Four Light Flying Spur by Mulliner Park Ward
  • 1964 Bentley S3 Continental Four Light Flying Spur by Mulliner Park Ward
  • 1964 Bentley S3 Continental Four Light Flying Spur by Mulliner Park Ward
  • 1964 Bentley S3 Continental Four Light Flying Spur by Mulliner Park Ward
  • 1964 Bentley S3 Continental Four Light Flying Spur by Mulliner Park Ward
  • 1964 Bentley S3 Continental Four Light Flying Spur by Mulliner Park Ward
  • 1964 Bentley S3 Continental Four Light Flying Spur by Mulliner Park Ward
  • 1964 Bentley S3 Continental Four Light Flying Spur by Mulliner Park Ward
  • 1964 Bentley S3 Continental Four Light Flying Spur by Mulliner Park Ward
  •  
  •  

1964 Bentley S3 Continental Four Light Flying Spur by Mulliner Park Ward  Information

 年式 1964
 メーカー Bentley
 モデル S3 Continental
 ボディータイプ Four Light Flying Spur (Right Hand Drive)
 コーチビルダー Mulliner Park Ward
 ボディーカラー Burgundy
 内装 Tan Leather
 特徴 クーラー完備、機関整備済み
    
 付加情報

新車時には、ベントレーS3コンチネンタルの中でも最上級バージョンとして君臨し、今なお高い人気を誇る「フライングスパー」。その最終進化形に当たるS3フライングスパーの一台は、先般「ワクイミュージアム・ヘリテージ」に入庫したばかりですが、このほど同年式のS3フライングスパーがもう一台、入庫することとなりました。

ベントレーSタイプ・フライングスパーのボディは、H.J.マリナーが1956年頃からS1コンチネンタルのシャシーを用いて実験的に製作し、S2コンチネンタルでは事実上の制式ボディとなった2ドア・スポーツサルーン(クーペ)を、ほぼそのままの意匠で4ドア化したものと言って良いでしょう。デザインを担当したのは、Rタイプ・コンチネンタルやSタイプ・サルーンと同じく、R-R社の主任デザイナー、ジョン・ブラッチリーと言われています。

もちろん2ドアと同様、ボディはすべて手叩きのアルミパネルによるハンドメイドで、インテリアのマテリアル(ウッドキャッピングやレザーハイドの質)や施された儀装のレベルも、標準型Sタイプ・サルーンのそれを遥かに上回るものとされています。また、注文主の細かいオーダーに応えてビスポーク製作することから、内外装の仕立てには相当数のコーディネートが可能なため、厳密に言えばまったく同じ仕様のクルマはほとんど存在しないとまで言われていました。

S1コンチネンタル・フライングスパーは1957年9月に北米向けが1台、および英国内向けに2台が製作されたのを皮切りに、50台が生産される人気作となりました。その後1959年に、スタンダードのS1がV8OHV・6230ccエンジンを搭載したS2に進化すると、S1コンチネンタルもS2コンチネンタルに発展。さらに1962年になるとS3コンチネンタルに進化を果たし、83台(87台説もあり)が製作されたとされていますが、いずれにしても現在では極めて希少なモデル。その希少車二台を同時に見比べてご選択いただけるのは、まさしく千載一遇のチャンスと言って良いでしょう。

今回ご紹介するS3フライングスパーは、もう一台のS3フライングスパーが現代のデイリーユーズに合わせて、排気系やサスペンションなどにアップ・トゥ・デートを施しているのに対して、あくまでオリジナリティを重視したものとなっています。

また、上質感あふれるバーガンディに塗られたエクステリアや、タンの本革レザー張りのインテリア。そして機関部に至るまで素晴らしいコンディションを誇るこの個体は、文字どおり「博物館級」の一台。コレクターにもお勧めしたいと存じます。

是非ともこの美しき4ドアクーペの先駆けを、ワクイミュージアムにてご覧ください。


contact


PAGE TOP


 

Go page top