1957年 Mercedes Benz 220S Cabriolet A

1957 Mercedes Benz 220S Cabriolet A

Sales Price ASK(応談)

Zoom Image画像をクリックして拡大写真をご覧ください
 
  • 1957 Mercedes Benz 220S Cabriolet A
  • 1957 Mercedes Benz 220S Cabriolet A
  • 1957 Mercedes Benz 220S Cabriolet A
  • 1957 Mercedes Benz 220S Cabriolet A
  • 1957 Mercedes Benz 220S Cabriolet A
  • 1957 Mercedes Benz 220S Cabriolet A
  • 1957 Mercedes Benz 220S Cabriolet A
  • 1957 Mercedes Benz 220S Cabriolet A
  • 1957 Mercedes Benz 220S Cabriolet A
  • 1957 Mercedes Benz 220S Cabriolet A
  • 1957 Mercedes Benz 220S Cabriolet A
  • 1957 Mercedes Benz 220S Cabriolet A
  •  
  •  
  •  

1957 Mercedes Benz 220S Cabriolet A  Information

 年式1957
 メーカーMercedes Benz
 モデル220S (左ハンドル)
 コーチビルダー
 ボディータイプCabriolet
 ボディーカラー
 内装茶革
 茶布
 付加情報 ワクイミュージアムに、近年、世界のクラシックカーマーケットで急速に評価を高めているクラシック・メルセデス、220SカブリオレAが入庫いたしました。
ベースとなったのは、ダイムラー・ベンツ社が第二次大戦後初の完全新設計モデルとして1953年にデビューさせた、現在のEクラスの開祖「180」とその6気筒版である「220a」。「ポントン」のニックネームで、なおファンに愛されているリムジーネたちです。
一方、リムジーネが完全な戦後型に進化したのちも、戦前モデルからはるばる派出した旧型のままに踏襲されてきたカブリオレAですが、2年遅れの1956年5月にようやく正式フルチェンジ(発表のみは1955年)を受け、「220SカブリオレA」と呼ばれることになります。
近代的な3ボックスのプロポーションを得たボディは、第二次大戦前以来のメルセデスの伝統に従えば4-5座の「カブリオレB」とすべきところを、ボディに対して幌がコンパクトな軽快感をアピールするためか、敢えて「カブリオレA」を名乗っていたと言われています。
ホイールベースは220aリムジーネから120mm短縮され、近代的な戦後型のカブリオレボディが組み合わされています。わが社の主軸であるR-R/ベントレーに比べるとコンパクトで可愛く感じられるものの、いざ乗ってみるとドッシリとした重厚感と作りの良さは、さすが佳き時代のメルセデスです。
メカニズムは220aの高性能版「220S」リムジーネから流用したもので、ツインキャブレターを組み合わせた直列6気筒SOHCエンジンは100psに到達。2200ccとは思えないトルク感も堪能させてくれます。高速クルージングでのスタビリティなども時代を感じさせないもので、昨今の国際マーケットで急速に評価を高めているのも当然と言えるでしょう。
またコンパートメントに目を移すと、野球用グローブのような分厚い本革レザーのシート/インテリアに、木工技術の粋を集めたウッドキャッピングも施され、往年のドイツ工芸の素晴らしさも味わっていただけるものと思われます。
このカブリオレAは、220Sと1958年に登場する燃料噴射版「220SE」と合わせても、わずか2178台のみが生産されたと言われる希少モデルです。日本国内では数台ていどが生息しているに過ぎないとのこと。まして市場に出るチャンスはめったに無いと思われます。
是非ともこの機会を、お見逃しなく。


contact


PAGE TOP


 

Go page top