1954年型 Rolls Royce Silver Dawn

1954 Rolls Royce Silver Dawn

Sales Price ASK(応談)

Zoom Image画像をクリックして拡大写真をご覧ください
 
  • 1954 Rolls Royce Silver Dawn
  • 1954 Rolls Royce Silver Dawn
  • 1954 Rolls Royce Silver Dawn
  • 1954 Rolls Royce Silver Dawn
  • 1954 Rolls Royce Silver Dawn
  • 1954 Rolls Royce Silver Dawn
  • 1954 Rolls Royce Silver Dawn
  • 1954 Rolls Royce Silver Dawn
  • 1954 Rolls Royce Silver Dawn
  • 1954 Rolls Royce Silver Dawn
  • 1954 Rolls Royce Silver Dawn
  • 1954 Rolls Royce Silver Dawn
  • 1954 Rolls Royce Silver Dawn
  • 1954 Rolls Royce Silver Dawn
  • 1954 Rolls Royce Silver Dawn
  • 1954 Rolls Royce Silver Dawn
  •  
  •  
  •  
  •  

1954 Rolls Royce Silver Dawn   Information

 年式1954
 メーカーRolls Royce
 モデルSilver Dawn 右ハンドル
 コーチビルダー
 ボディータイプSaloon
 ボディーカラー白/バーガンディー(ツートン)
 内装赤革
 なし
 付加情報 ベントレーのMkⅥと同じ姿かたちのロールスロイス。こちらのシルバードーンは、ロールスロイス社が戦後、
ボディを自社生産するようになった最初のモデルで、近代的な生産方式を取り入れた画期的な車種といえます。
この後のクラウド、シャドウ、そしてスピリットへと続くベントレーと共通の車台を用いた車種構成の礎となったモデルです。
この当時ロールスロイスにはシルバーレイスというオーダーメイドの車種があったこともあり、ベントレー版のMkⅥが
先行して販売されて大きく生産台数を伸ばし、当時ベントレー史上最大のヒット作となりました。
従来のモデルに比べてコンパクトなことが好評を博すとともに、生産効率も向上したことで北米など海外の新しい市場を
開拓して、英国の外貨獲得にも寄与しました。右ハンドルが珍重されるのは、こうした理由から輸出仕様が多数を占めた
ことによります。
最近ではクラシックな雰囲気に加えて手ごろなサイズが再評価され、大ヒットしたMkⅥに比べて生産台数が800台に
満たない希少性も相まって、近頃は特に海外で注目度の高い車種になっています。程よい大きさのエンジンと小回りの利く
車体、それに右ハンドル。日本の路上でもとり回しが楽な、ロールスロイスとしては最もコンパクトなモデルです。

contact


PAGE TOP


 

Go page top