1929年 Salmson

1929 Salmson

Sold Out

Zoom Image画像をクリックして拡大写真をご覧ください
 
  • 1929 Salmson
  • 1929 Salmson
  • 1929 Salmson
  • 1929 Salmson
  • 1929 Salmson
  • 1929 Salmson
  • 1929 Salmson
  • 1929 Salmson
  • 1929 Salmson
  • 1929 Salmson
  • 1929 Salmson
  • 1929 Salmson
  • 1929 Salmson
  • 1929 Salmson
  •  

1929 Salmson   Information

 年式1929
 メーカーEmile Salmson
 モデル
 コーチビルダー
 ボディータイプバルケッタ
 ボディーカラーSalmson Blue
 内装赤革
 なし
 付加情報 サルムソン社はフランスの機械メーカーで、蒸気機関や産業用ポンプの製造を手掛け、20世紀初頭にあって
航空機の製造まで行うほど技術力に富んだ企業で、当時の日本においても軍用飛行機などで縁のあるメーカーでした。
自動車産業の黎明期のヨーロッパやアメリカでは、家内工業のような小さな自動車メーカーや、ボディの専門メーカー、
エンジン、電装品といった得意分野で勝負する数多くの企業があり、そうした中に異業種から参入を試みる大企業
も現れて、自動車生産が世界的な一大産業へと飛躍する時期を迎えます。
サルムソン社も、1920年ころに航空機用エンジンの開発力を持って異業種から自動車生産に参入した企業で、
1950年代にルマン24時間レースでのクラス優勝を思い出に自動車生産から撤退したものの、技術水準は
すこぶる高く、今回ご紹介する一台も小さいながら精緻な工作で、DOHCの高度なメカニズムを当時すでに実用化していました。
国内のヒストリックカーラリーでは、後塵を浴びせられた大排気量車も数多いという正真正銘のレーサーです。

contact


PAGE TOP


 

Go page top